トップページ > 知っ得コラム > 2013年12月号

知っ得コラム

知っ得コラム

2013年12月号

予防意識を高めてノロウイルスを撃退

タレント・食生活アドバイザー●岡村麻純
 寒い季節、注意が必要なのがノロウイルスです。ノロウイルスは、12 月~1月に多く発生しています。ノロウイルスは、食中毒の一種ですが、ウイルス性食中毒といわれるもので、大腸菌O-157 などの細菌性食中毒とは違いがあります。
 違いの一つは、ウイルス性食中毒は食品中で増殖しないことです。また、食品材料中にも病原ウイルスは通常は、存在しないのです。ごく一部の例外、生鮮二枚貝やエビなどのみに存在するものです。日本においても、二枚貝であるカキからの感染が多く報告されています。では、特定の食品にしか存在しないのに、なぜここまで感染者が出るのか。それは人から人への感染力が非常に強いためです。食品取扱者が感染し、その人から食品を介して広がっていくというケースが多く見られます。
 ノロウイルスの症状は、下痢、嘔吐(おうと)、腹痛が主で、感染してから発症するまでの期間が、1日~2日、回復までが2日~3日と、比較的短いとされています。ただ、ノロウイルスには、特効薬はありません。回復を待つ間に、脱水症状にならないよう、小まめな水分補給が大切です。特に抵抗力の弱まった高齢者や幼い子どもは、感染による危険度も高まります。高齢
者や、幼い子どもがいる環境では、感染の予防により注意が必要です。
 予防にはとにかく人の手による感染の広がりを防ぐことです。食品に触れる前の手洗いは大きな効果です。また、もしもカキなどの二枚貝を調理した場合は、使用した調理器具はすぐに熱湯消毒し、触れた手もすぐにせっけんで洗う必要があります。また、食品の中心温度85 度以上で1分間以上の加熱をすれば、感染性がなくなるとされています。十分な加熱、そして生で食べるものに触れる前には念入りな洗浄を心掛けましょう。

ページの先頭へ