トップページ > ニュース > 鳥取短期大学の学生が三朝町郷土料理について学びました

ニュース

ニュース 鳥取短期大学の学生が三朝町郷土料理について学びました

鳥取短期大学で1月24日、三朝町郷土料理教室を開き、生活学科食物栄養専攻の1年生43人が参加しました。
三朝町にあるJA鳥取中央農家レストラン「田舎茶屋縁満」の松原春子代表と井田和代副代表が講師となり、三朝町特産の地大豆「三朝神倉」や、とち餅などを用いて「けんちん」「鉄火みそ」「とち餅の小豆雑煮」の3品を作りました。

ページの先頭へ