トップページ > ニュース > 組合長が担い手訪問を行いました!

ニュース

ニュース 組合長が担い手訪問を行いました!

栗原隆政組合長は、管内の担い手農家を訪問し、生産現場の課題や農家の要望などの聴き取りを行いました。 琴浦町でブロッコリーを生産する中谷勇人さん(37歳)からは「繁忙期の人手不足を解消するための人材確保の支援」、西瓜生産者の山住隆規さん(45歳)からは「ビニールハウスの建設など計画的な規模拡大に必要な補助事業の継続」などの要望があげられました。 栗原組合長は「担当部署を通じ、必要な情報を提供し、サポートしていく」と伝えました。 組合員との対話の充実と信頼関係の強化を重視し、これからも継続的な活動として農家支援に全力を尽くしていく方針です。 JAでは2018年から「担い手訪問」を行っており、生産者と問題を共有することで課題解決を実践し、地域農業の活力につなげています。 写真=西瓜の生育状況を確認する栗原組合長(左)と生産者の山住隆規さん

ページの先頭へ