トップページ > ニュース > 組合長が担い手訪問を行いました!

ニュース

ニュース 組合長が担い手訪問を行いました!

組合員との対話の充実を図るため栗原隆政組合長が組合員のもとを訪問し意見交換をしました。 今年度より倉吉西瓜生産部会 副部会長に就任した三舩浩司さん(52)と倉吉秋冬生産部の役員を務める筏津博正さん(62)のもとを訪れ、JAへ対する意見や、現在の生育状況などについて聞き取りを行いました。スイカを栽培している三舩さんからは「新規就農者の受け入れ課題」について、同じくスイカ生産者の筏津さんからは「JA営農指導員の指導体制の強化」などの相談や要望があげられました。栗原組合長は「組合員の状況と思いを把握し、訪問で得た要望に応えていけるよう努めたい」と話しました。 今後も地域の活性化に向けて継続的に訪問活動を行い、組合員のニーズに対応していく方針です。 写真=三舩さん(右)との意見交換の様子

ページの先頭へ