トップページ > ニュース > 東郷小学校3年生が梨の収穫体験を行いました!

ニュース

ニュース 東郷小学校3年生が梨の収穫体験を行いました!

 湯梨浜町立東郷小学校3年生児童46人は8日、湯梨浜町で梨「二十世紀」の古木「百年樹」の園内で梨の収穫を体験しました。
この梨は、児童らが総合的な学習の授業の一環として小袋掛け、大袋掛け作業も行ってきました。
はじめに農業改良普及員が梨の収穫方法について、上に持ち上げて収穫することや、収穫後はキズがつかないように丁寧に扱うことなどを説明。
児童は百年樹を管理している生産者グループ「百年会」のメンバーやJA鳥取中央の職員、農業改良普及員らと一緒に、大袋に書いた自分の名前の梨を中心に一人約20果ずつ収穫していきました。

梨の収穫体験は初めてだという山田音々さん(8)は「梨を上に持ち上げて収穫するのが難しかったけど、コツを掴んで楽しく出来た」と話しました。


写真=梨の収穫に挑戦する児童

ページの先頭へ