トップページ > ニュース > 琴浦町特産「ぽろたん」の出荷が順調に行われています!

ニュース

ニュース 琴浦町特産「ぽろたん」の出荷が順調に行われています!

鳥取県琴浦町特産の栗「ぽろたん」の出荷が順調に行われています!
「ぽろたん」は、琴浦町農業委員会が遊休地対策として2011年から新植を開始。JA鳥取中央琴浦栗生産部では今年、40戸の農家が6.3haで1,758本の「ぽろたん」を栽培しています。
「ぽろたん」の最大の特徴は果実に傷をつけて電子レンジ等で加熱すると渋皮が簡単に剥けること!掛け合わせた栗「丹沢」と、皮がポロっと剥けることから「ぽろたん」と名付けられました。
果実は約30gと大きく、甘みと栗の風味が豊かなのも特徴の一つ。冷蔵庫や冷凍庫で約一週間貯蔵すると糖度が上がり甘みが増すことで、より美味しく食べることができます。
同部の河上幸徳部長は「安心安全でおいしいぽろたんを食べてもらうため選別に力を入れている。今年も甘くておいしいぽろたんに仕上がったのでぜひ食べてほしい」と話していました。
同部では今年約2tの出荷を見込んでおり、10月上旬まで主に県内市場に出荷、同町の直売所などでも販売します

写真=選果される「ぽろたん」

ページの先頭へ