トップページ > ニュース > 「星空舞」の新米の販売が始まりました!

ニュース

ニュース 「星空舞」の新米の販売が始まりました!

 JA鳥取中央は2020年産「星空舞」新米の販売をスタートしました!直売所「満菜館」を皮切りに随時販売していきます。
「満菜館」では、精米したての米を販売する「すりたて工房」があり今摺米の販売も行っています。訪れた来客からは「鳥取県の新しい品種の新米を楽しみにしていた」と話し、新米を買い求めていました。

同JAでは、昨年から337戸増の587戸の農家が338haで栽培しています。「星空舞」は食味の良さに加え耐暑性で一等米比率が高いのが特徴。2019年度は一等米比率が95%を超えるなど好成績となり、栽培面積を拡大する生産者も増えました。県下全体で2024年産で3,000haの作付を目指していきます。
「星空舞」ブランド化推進協議会では、SNSを活用した消費者直結のPRや、視聴者プレゼントを含むTV紹介などに取り組み、知名度の向上とブランドの定着を図っていく方針です。

写真=「満菜館」での販売の様子

ページの先頭へ