トップページ > ニュース > 「鳥取梨を食べようフォトキャンペーン」の審査会を行いました!

ニュース

ニュース 「鳥取梨を食べようフォトキャンペーン」の審査会を行いました!

JA鳥取中央はコロナ禍での農産物販売戦略としてSNSによる発信の強化に取り組んでいます。
ツイッターやインスタグラムなどで人気クリエイターを起用した情報拡散に加え、同JA公式SNSで旬の農産物情報を随時発信。8月には第3弾として、主要特産物の梨「二十世紀」の出荷時期に合わせ晩生梨が当たるフォトキャンペーンを実施し約150件の応募をいただきました。

11月6日には、倉吉市で「鳥取梨を食べようフォトキャンペーン」の当選者を決める審査会を実施。公式SNSのフォローと「#鳥取梨を食べよう」「#JA鳥取中央」のハッシュタグをつけて梨の画像を投稿した中から同JA役職員と生産者5人で74(ナシ)人の当選者を決めました。
当選者には晩生梨「王秋」1箱(5㎏)を随時発送していきます。

写真=投稿された写真の審査を行う関係者ら

ページの先頭へ