トップページ > ニュース > 女性会営農部が交流研修会を行いました!

ニュース

女性会 女性会営農部が交流研修会を行いました!

JA鳥取中央女性会は12日営農部の交流研修会として、琴浦町でブロッコリーの収穫体験を行いました。
同JAの特産品の一つである「ブロッコリー」の圃場で農家から直接収穫方法や栽培方法などを学ぶことで、生産部の活動についても認識を深めました。
同JA琴浦営農センターの後藤慎司営農指導員が、琴浦ブロッコリー生産部の概要についてや、産地のPRを活発にするため、琴浦ブロッコリーのイメージキャラクターを募集するゆるキャラコンテストを開いたことなど今年の取り組みについて紹介。また、今後の目標としてブロッコリーの規模拡大や生産者への確実な栽培情報の提供など、営農指導員として魅力ある産地づくりに取り組むことなどを発表しました。
その後は琴浦町にある山田孝志さんの圃場で、参加者1人5株ずつ包丁を使ってブロッコリーを収穫していきました。
参加した安岡富貴子さんは「生産部の取り組みを聞き活気のある生産部だと知ることができた。琴浦のブロッコリーがさらに発展していけば嬉しい」と話しました。

写真=ブロッコリーの大きさを確認しながら収穫する参加者(12日、鳥取県琴浦町で)

ページの先頭へ