トップページ > ニュース > 倉吉抑制西瓜査定会を行いました!

ニュース

ニュース 倉吉抑制西瓜査定会を行いました!

 JA鳥取中央倉吉西瓜生産部(長田重博生産部長)は1日、倉吉市で倉吉抑制西瓜の査定会を行い、生産者、JA関係者らが出席しました。
 集出荷要領や出荷規格について協議。その後、現物査定を行いました。その結果、平均糖度は内側11.4度、外側11.2度と平年並みの甘い仕上がり。平均重量も8.9kgと平年並みの結果となりました。
 同生産部は今年度、22戸の生産者が2.5haの面積で抑制西瓜を栽培しており、6,100箱、1,830万円の出荷販売を目指します。出荷は9月下旬まで続きます。

写真=糖度査定の様子

ページの先頭へ