トップページ > ニュース > 琴浦西瓜生産部設立総会が行われました!

ニュース

ニュース 琴浦西瓜生産部設立総会が行われました!

 22日、琴浦西瓜生産部の設立総会を開き、生産者、市場関係者、行政、JA関係者ら約50人が出席しました。
 同生産部は、特産の黒皮スイカ「東伯がぶりこ」を生産している東伯西瓜生産部と「あかさきのきらり」として販売している赤碕西瓜生産部が合併して設立。新たな産地オリジナルブランドの確立と生産振興及び生産基盤の拡大を図るため、今回の合併に至りました。
 総会では、生産部規約の設定や役員の選任、平成30年度の事業計画など7つの議案が上程され、全て承認されました。また互選の結果、三谷康二郎氏が生産部長に就任。「協力しておいしいスイカづくりとブランド化に取り組み、生産部全体で活動の活性化を図っていきたい」と意気込みを述べました。
 同生産部では平成30年度、24人の生産者が9.5haの面積でスイカを栽培し、4万箱(1箱15.5kg)、1億3040万円の出荷・販売を目指します。
 同JAの栗原隆政組合長は「琴浦のスイカを『琴浦ブランド』として広められるように、気持ちを一つにして生産拡大と販売に取り組んでいく」と述べました。

写真=就任挨拶を行う三谷生産部長

ページの先頭へ