トップページ > ニュース > 花き「ストック」の播種作業が行われています!

ニュース

ニュース 花き「ストック」の播種作業が行われています!

花き「ストック」の播種作業が行われています!

JA鳥取中央管内の大栄地区を中心に栽培している花き「ストック」の播種作業が始まっています。 同JA大栄花き部会では7月25日から9月中旬にかけて播種作業を行います。 同部会の濱坂貴裕部会長(37)は花き栽培を始めて14年目。スイカの後作として両親と三人でストック28a、抑制シンテッポウユリ15aを栽培しています。 下準備として、種の上に均等に土をかぶせていく為に圃場を水平にならし、播種機を使い等間隔でタネを播いていきます。 濱坂部会長は「計画通りに本数が出荷出来るよう栽培管理に努めていく」と力強く話していました。 同部会では、LED電照、寒冷紗などの設備を増やし、気象条件に応じて、さらに開花調節が行なえるよう取り組みを行っています。 今年は28戸の生産者が8.3haで「ストック」を栽培し、204万9000本、1億5591万円の出荷、販売を目指し、部会全体としては「ユリ」や「アスター」なども含めて248万2000本、2億7万5000円を目標に取り組んで行きます。 写真=「ストック」の播種を行う濱坂部会長

ページの先頭へ