トップページ > ニュース > 女性会河北支部がウォーキングとゴミ拾い活動を行いました!

ニュース

女性会 女性会河北支部がウォーキングとゴミ拾い活動を行いました!

JA鳥取中央女性会河北支部は、レクリエーション大会を行い、女性会員69人が参加しました。会員の健康増進のためのレクリエーション体験したあと、地域貢献の一環として河川敷をウォーキングしながら清掃活動を行いました。 レクリエーションでは、福祉レク・ネットワーク鳥取の玉木純一代表から、普段の生活の中でも取り入れられる頭と体を使ったレクレーションの数々を体験。二人一組になり掛け声に合わせて握手や手を合わせたりなどの運動では、玉木代表が「同時に二つ違うことを行うことは脳にとてもいい。意識して行うことで健康寿命を延ばすことにつながるので日常に取り入れていきましょう」と呼びかけていました。 清掃活動では、50人の参加者が一級河川「天神川」の河川敷のゴミ拾いを行いながらウォーキングも楽しみ、会話を弾ませて交流をはかりました。 同支部の石田千里支部長は「多くの会員が参加して自身の健康や、地域のための活動ができてよかった。今後も継続して続けていきたい」と話していました。 写真=ウォーキング中にゴミを拾う女性会員

ページの先頭へ