トップページ > ニュース > 琴浦町長へ台風24号に伴う被害の要請書を提出しました!

ニュース

ニュース 琴浦町長へ台風24号に伴う被害の要請書を提出しました!

JA鳥取中央は4日、琴浦町で鳥取県琴浦町の小松弘明町長へ、9月30日に最接近した台風24号に伴う被害に対する要請書を提出しました。 台風24号の長雨の影響により、琴浦町内にある同JA施設の大成肥育牛団地の牛舎基礎部分の崩落と、大成モデル園ジョイント用大苗育成圃場の崩落の被害がありました。 今後、牛舎を安全に使用しながら経営を継続していくことや、ジョイント用大苗圃場での梨苗「新甘泉」の育成供給による梨振興を持続するために産地緊急支援事業としての補助を要請。 被害としては、牛舎基礎部分の崩落の復旧に660万円、ジョイント用大苗育苗圃場の崩落の復旧に160万円かかるとし、同額の補助を町に要請しました。 ジョイント用大苗圃場では昨年に続き今年も、2000本の苗木育成の受託をしています。12月中旬には苗の植え付けを開始し、来年の供給に備えるとともに復旧事業と並行してJAとしても支援体制は整えていく方針です。 要請を受けて小松町長からは「町としては生産者の力になりたい。そのためにも、事業を活用して復旧に繋げていくための理由付けと、営農継続の復旧のめどを具体的に示してほしい」とし、栗原隆政組合長は「一日でも早い復旧が望ましいが、来年の梅雨の時期までには復旧したい思いがある。そして、農家の負担を軽減するためにも出来る限りの補助事業を要請する」と述べました。 写真=小松町長に要請書を渡す栗原組合長

ページの先頭へ