トップページ > ニュース > 県のブランド新品種米「星空舞」のPR活動を行いました!

ニュース

ニュース 県のブランド新品種米「星空舞」のPR活動を行いました!

JA鳥取中央では、県のブランド新品種米「星空舞」のPR活動を精力的に行っています。 「星空舞」は県域の「星空舞」ブランド化推進協議会の設立を計画しており、今年度は現地試験栽培の2年目の位置づけとして、生産者登録制度を導入し、高品質・良食味米生産に向けた栽培管理技術の向上を目指します。また、生産物を販路開拓や販売促進に活用し、ブランド化を図る方針です。 生産者に対しては1月23日から30日にかけて各地区で栽培、管理方法についての説明会を行いました。 「星空舞」は粒感があり、跳ね返る食感が特徴。今後の鳥取県を代表する主食用米として期待が高まります。 同JA直売所「旬鮮プラザ満菜館」では3日、3kgの「星空舞」をおにぎりとして来店者に配布。大勢の来店者が足を止め試食をしました。 同直売所の正木信行店長は「星空舞の売り場は常設し、21日からは1kgの専用袋に入れ、100袋をおためしパックとして販売し、一般消費者へ広めていく」と話しました。 写真=「星空舞」試食宣伝の様子

ページの先頭へ