トップページ > ニュース > 泊ほうれん草部会が総会を行いました!

ニュース

ニュース 泊ほうれん草部会が総会を行いました!

 JA鳥取中央泊ほうれん草部会は12日、湯梨浜町で第22回平成30年度泊ほうれん草部会総会を行いました。生産者、市場担当者、行政、JA関係者ら28人が参加。
2018年度の販売実績と事業報告、2019年度の事業計画などについて協議し、承認されました。
18年度の実績は、出荷量2万3944ケース(1ケース=4㌔)、販売金額6914万2944円、平均単価は1ケースあたり2888円。
18年度産は、7月の豪雨など天候不順があり数量は減ったものの、小まめな温度管理など生産者の栽培努力により高品質のほうれん草が出荷でき、昨年並みの高単価となりました。
19年度は計画生産量確保のため、生産者個々で出荷目標を持ち栽培していくなど、泊ほうれん草のブランド力をより一層高めていくため個々の栽培技術、販売意識の向上を目指し、2万3000ケース(1ケース=4㌔)、6440万円の出荷、販売に取り組みます。

写真=総会の様子

ページの先頭へ