トップページ > ニュース > 東伯育苗水稲播種式を行いました!

ニュース

ニュース 東伯育苗水稲播種式を行いました!

JA鳥取中央は、琴浦町の東伯育苗施設で2019年度の水稲播種式を行い、生産者、作業員、JA関係者ら約30人が参加しました。
式では、本年度の播種計画について報告後、セレモニーとして水稲育苗箱に種をまき、水稲播種の開始を祝いました。
同施設では、4月9日から6月中旬まで水稲の播種、育苗、苗渡しを行う予定で、主食用米稲6品種、飼料用米稲3品種を琴浦地区に約4万箱を供給。供給開始は4月24日を予定しています。
また、今年は県のオリジナルブランド品種「星空舞」1800箱も供給します。
同JAの戸田勲常務は「「星空舞」は生産者にとって初めての栽培となる。「星空舞」も含め全ての品種で今まで以上に良い苗を供給していきたい」と話しました。
写真=種まきを行うJA役職員ら

ページの先頭へ