トップページ > ニュース > 大原トマト初出荷式を行いました!

ニュース

ニュース 大原トマト初出荷式を行いました!

倉吉市で栽培されている「大原(おはら)トマト」の初出荷式を行いました。
今年は育苗期間中は天候に恵まれ順調に生育し、定植後の交配作業でも着果数も良好で、大玉で糖度と酸味のバランスのとれたおいしい大原トマトに仕上がっています。
「大原トマト」は生産者全員がエコファーマー認定を受けており、無加温低段密植栽培で長期熟成させ、甘いトマトに仕上げるのが特徴。出荷最盛期は5月下旬から6月上旬までで、県内を中心に出荷します。
今年は6人が95.4㌃で栽培、2万4千箱(1箱=4㌔)、4、580万円の出荷、販売を目標に取り組みます。また、鳥取型低コストハウスの導入により、昨年よりも3㌃増となり、今後もさらなる収量の増加とブランドの確立を目指していきます。

写真=出荷の季節が始まった「大原トマト」

ページの先頭へ