トップページ > ニュース > 第12回全国和牛能力共進会鳥取中央農協出品対策会議を行いました!

ニュース

ニュース 第12回全国和牛能力共進会鳥取中央農協出品対策会議を行いました!

JA鳥取中央は、第12回全国和牛能力共進会鳥取中央農協出品対策協議会を設置し、鹿児島全共での上位入賞に向けて意思統一を図りました。
2022年に鹿児島県で行われる全国和牛能力共進会の出品にかかわる生産者、関係機関との連携・協力体制の確立、管内の肉用牛の振興を図ることを目的に設置。会長にはJA鳥取中央和牛生産部部長の内山茂昭氏が選任されました。
対策会議では、鳥取県出品対策協議会で打ち出した目標と出品対策の基本方針を確認。
第6区(総合評価群)第7区(脂肪の質評価群)で首席を獲得し、名誉賞の受賞と、その他群出品は3席以内、単品区は6席以内の入賞を目指します。
また、肉牛区の出品候補者として、JA鳥取中央管内から5人の生産者の推薦を決め、同協議会委員を務める栗原隆政組合長は「協議会を設置し、生産者、関係機関、行政が一体となり鹿児島全共で好成績を上げ和牛王国鳥取を不動のものとしていく」と話しました。
写真=会議の様子

ページの先頭へ