トップページ > レシピ集 > たっぷり夏野菜 ラタトゥイユ

レシピ集

たっぷり夏野菜 ラタトゥイユ

料理イメージ
ラタトゥイユは、フランス南部の野菜煮込み料理です。夏野菜が口の中にじんわりと自然の恵み広がり、さらににんにくがたっぷりと入るので、暑い夏を乗り切るスタミナをつける一品になっています。
 ごはんはもちろんパン・パスタにのせたり、チキンソテーにかけたりすると良いです。冷やして食べてもいいですね。白ワインとよく合いますよ♪

材料

材料(4人分)
ズッキーニ・・・1本
なす・・・2本
玉ねぎ・・・2個
ピーマン・・・2個
パプリカ(赤・黄)・・・各1個
にんにく・・・4かけ
オリーブ油・・・大さじ4
ローリエ・・・1枚
ハーブ(ローズマリー・オレガノ・セージ等)・・・適宜
白ワイン・・・70ml
コンソメ・・・2個
トマト・・・2個
トマトホール缶・・・1缶
塩(できれば岩塩)・・・小さじ2
粗挽き黒胡椒・・・適量
バジル・・・適宜

作り方

①ズッキーニとなすはヘタをとって2cm厚さの輪切りにする。玉ねぎ、ピーマンとパプリカ(ともにヘタと種の除く)それぞれ2cm角に切る。
②トマトはヘタをとり、4等分のくし形に切り、さらに横半分に切る。
③にんにくは叩きつぶす。
④鍋にオリーブ油を熱してにんにくを炒め、香りが立ったら玉ねぎを加えて2~3分炒める。オリーブ油を足し、なす、ズッキーニ、パプリカ、ピーマンを順に加え、そのつど2~3分ずつ炒める。
⑤④にローリエ、ローズマリー・オレガノ・セージを入れて、白ワインを注ぎ、コンソメ、トマトとトマトホール缶を入れてふたをし、野菜がやわらかくなるまで弱火で40分煮込む。(ときどき鍋返しをする。)
⑥⑤に塩、粗挽き黒こしょうで調味し、ふたを取って少し火を強める。ときどきかき混ぜながら、さらに20~30分汁を煮詰める。皿に盛りバジルをトッピングする。

※料理のコツ
■水を使わずにじっくり野菜の水分だけで煮るので、弱火で煮込んでください。仕上げは、少し火を強め水分を飛ばすように加熱します。
■野菜は1種類ずつ、順にそれぞれ2分くらいかけて炒めることで野菜に油をコーティングします。

ページの先頭へ