トップページ > 活動紹介 > 女性大学「ルミナール」 > 過去の記事 > 第18回「あなたの周りの身の危険!消火訓練&AEDについて知ろう」

女性大学「ルミナール」

 第18回「あなたの周りの身の危険!消火訓練&AEDについて知ろう」

 3月7日、西倉吉消防署から2名の方に、水消火器による消火訓練、AEDによる救急蘇生法の訓練指導を受けました。人が倒れているところを発見してから胸骨圧迫(心臓マッサージ)をするまでの動作や、胸骨圧迫をする位置、リズムを学びました。  

 受講生からは、「胸骨圧迫など思っていた以上に力がいり、びっくりしました。AEDなど、怖いイメージでしたが、音声で簡単に教えてくれたりするので、身近に感じられました」という感想が聞かれ、もしものときにのための知識を身に付ける機会となりました。

人口呼吸&AED

 人工呼吸では、気道の確保の仕方や注意点、空気を入れる量を学びました。人工呼吸よりも胸骨圧迫の方が大切だということも教わりました。
 AEDについては、実際に使用して流れを学んだことでAEDを使用する際の不安が取れたようです。最後に3人1組になってこの日習った胸骨圧迫→人工呼吸→AEDを実際に人が倒れていることを想定して行いました。

水消火器による消火訓練

 消火器の使い方の説明を受けた後は、屋上で消火訓練を行いました。1人ひとりが消火器を使用し、使い方を確認しました。
 この日は雪が降っていたため、断念せざるを得ない状況でしたが、いざ外に出てみると晴れていたため、訓練することができました!

ページの先頭へ