トップページ > 活動紹介 > 女性大学「ルミナール」 > 過去の記事 > 第8回カリキュラム「地大豆を使った豆腐作り」

女性大学「ルミナール」

 第8回カリキュラム「地大豆を使った豆腐作り」

【平成27年4月8日】
倉吉市にある農産物加工所で行われ、受講生11人が参加しました。
今回は、女性会の北村祐子さんと福井美幸さんを講師に迎え、三朝町特産の地大豆「三朝神倉」を使った豆腐作りに挑戦しました。
講師の説明を受けながら、大豆をすり潰すところから始め、型から外し豆腐が出来上がると受講生から歓声があがりました。
途中で豆腐や豆乳の試食をしながら「三朝神倉」を使った豆腐や豆乳の美味しさを確かめていました。
地大豆「三朝神倉」
豆をすり呉(豆すり機でつぶしてできるドロドロの汁)を作ります
作った呉を煮ます
煮た呉を、豆乳とおからに絞り分けます
絞り袋を引っ張ると・・・

絞りたての豆乳が!

さらに圧搾機を使って絞ります
途中に豆腐と豆乳の試食もしました♪
豆乳でかんぱーい!
出来立てのおから♪
袋に分けて持ち帰ります
豆乳に、にがりを入れて豆腐にします
おぼろ状の豆腐を型に入れます
固まったかな?
できました~!
1度に24丁の豆腐ができます
出来上がった豆腐もお持ち帰り。今夜はおからと豆腐を使った料理ですね~♪

ページの先頭へ