トップページ > ニュース > 女性会が焼肉のタレ作りを行いました!(関金支部、北条支部)

ニュース

女性会 女性会が焼肉のタレ作りを行いました!(関金支部、北条支部)

 JA鳥取中央女性会は各地区で焼肉のタレ作りを行い、地産地消と会員同士の交流を深めました。
19日に同女性会関金支部加工部が倉吉市で、同女性会北条支部が北栄町でそれぞれ特製の焼肉のタレを作りました。
関金支部加工部では会員24人が参加し、梨、リンゴ、ニンニク、タマネギを手早く切りミキサーにかけ、調味料を入れて鍋で40分ほど煮詰めて完成させました。原料には地元の食材を使っており、梨やリンゴを多く入れることで甘い仕上がりとなっています。
この日は約140本の瓶にタレをつめていき、会員が自宅用として持ち帰えりました。
同部の泉公子部長は「毎年恒例で焼肉のタレ作りを行い地産地消に取り組んでいる。梨を多く入れて甘い味付けにしているので会員からも美味しいと好評」と話しました。
北条支部では、材料の味噌も同支部の手作り味噌を使い、奥深い味わいが特徴です。会員同士の交流を目的に毎年開催し、この日は1人5瓶を持ち帰りました。

写真=焼肉のタレを作る会員(関金支部)
 写真=大鍋に入ったタレをかきまぜます(北条支部)

ページの先頭へ