トップページ > ニュース > 『家の光』活用大会を開きました!

ニュース

ニュース 『家の光』活用大会を開きました!

JA鳥取中央は10日に本所大会議室で令和3年『家の光』活用大会を開きJA女性会の会員や役職員約50人が参加し、『家の光』の活用と普及が女性会活動の活性化と充実に果たす役割について学びました。大会では『家の光』普及活動表彰と記事活用や地域貢献活動の優績女性会を表彰。また、会場と東京の家の光協会をオンラインで結び、同協会中国四国文化局の前田希美さんを講師に「丸ごと記事活用!『家の光』3月号を開いて」と題し、『家の光』の活用方法についてクイズを交えながら説明し、全国の女性組織の具体的な活動事例や誌面の新コンテンツの紹介も行いました。 記念講演では「笑う門には福来る」と題し、皆成院の清水成眞住職が寓話を交えながら「相手の立場や気持ちになって考え行動する事」の必要を説きました。 栗原隆政組合長は「JA自己改革において教育文化活動は経営と共に車の両輪であり、農業では土作りにあたる。活動を活性化し、元気な女性会と元気なJAを共に築いてもらいたい」と話しました。

ページの先頭へ