トップページ > ニュース > 果樹剪定枝の枝集積作業を行っています!

ニュース

ニュース 果樹剪定枝の枝集積作業を行っています!

 JA鳥取中央では新型コロナウイルス感染拡大により果樹の販売が苦戦している中で、産地の基盤を守っていくために、生産者の側面支援の一環として剪定枝の集積作業を行っています。
JAが果樹の剪定後の枝を集めることで生産者の作業負担を軽減し、生産者の経営の安定化を図ります。また、集めた枝は「木質バイオマス発電エネルギー」として有効活用することで、野焼きによる二酸化炭素排出による地球温暖化防止につなげます。(令和2年度)

写真=集めた剪定枝


 写真=チップ化された剪定枝

ページの先頭へ