トップページ > ニュース > ハウス二十世紀梨の収穫が始まりました!

ニュース

ニュース ハウス二十世紀梨の収穫が始まりました!

【平成26年8月2日】
JA鳥取中央管内では3日の初出荷を控え、梨生産者がハウス梨「二十世紀」の収穫作業に追われています。
湯梨浜町で梨栽培を営む山本均さんは、8月2日の朝から息子さんと2人で収穫作業に汗を流していました。「今年は生育も順調で玉太りもよく、甘さも十分」と今年の出来に自信をみせます。
均さんは梨の栽培を始めて50年以上。今年は21aの面積でハウス梨「二十世紀」を栽培しています。
均さんは9日頃までに約450コンテナ(1コンテナ=約20kg)を収穫する予定です。
JA鳥取中央東郷果実部では、20戸の農家が335aの面積でハウス梨「二十世紀」を栽培しており、京阪神地区を中心に1万箱(1箱=10kg)、6千5百万円の出荷販売を目指します。

ページの先頭へ