トップページ > ニュース > JA鳥取信連職員が農作業研修

ニュース

ニュース JA鳥取信連職員が農作業研修

【平成26年9月3日~4日開催】
JA鳥取信連の職員3人が倉吉市にあるJA鳥取中央子会社(株)アグリラテール大黒で農作業研修を行いました。
これは農作業体験を通して信用事業の源流である農業についての理解を深め、日ごろの業務に活かしてもらおうとJA鳥取信連が行っているもので、今年で3年目の取り組みです。
今回は、JA鳥取信連企画管理部の岸野洋平さん、推進部の西尾有司さん、融資部の吉田裕さんの3人が参加し、2日間かけて、チンゲン菜の収穫・調整作業やブロッコリー苗の定植を行いました。
毎年参加している岸野さんは「気象条件や病害虫の発生などによって毎年農作物の生育が違う。新聞やニュースなどでも知ることができるが、実際に自分で農作業を行い農作物を観察することで、より実感を伴いながら理解が深まり、農業への関心が強まった」と話しました。

ページの先頭へ