トップページ > ニュース > 芳醇な香りと上品な甘さ!エリザベスメロン査定会

ニュース

ニュース 芳醇な香りと上品な甘さ!エリザベスメロン査定会

取材日:平成27年5月27日

JA鳥取中央赤碕エリザベスメロン生産部は琴浦町で、エリザベスメロンの査定会を行いました。
本年は4月の曇天・低日照の影響により生育が停滞し、出荷始めは小玉傾向であるものの、出荷ピークが近づくにつれ、果実の肥大も進んでくると見込まれます。
糖度査定の結果は、18玉平均で15.4度と平年並の甘い仕上がりとなりました。
5月28日から出荷が始まり、6月下旬頃まで続きます。出荷ピークは6月上旬頃となる見込みです。
同生産部では、12人の生産者は1.8ヘクタールの面積でエリザベスメロンを栽培しており、27トン、1,200万円の出荷販売を目指します。
販売は進物による受注販売を中心で、5月24日現在で既に約1,700ケースの注文があります。

ページの先頭へ