トップページ > ニュース > 羽合苺販売反省会

ニュース

ニュース 羽合苺販売反省会

開催日:平成27年6月23日

湯梨浜町で行われ、生産部役員、行政、JA関係者ら17人が参加しました。
平成27年産の販売実績については、1パック(1パック=250g)当たりの平均単価が319円と過去9年間で一番高い販売単価となり、販売金額も計画していた4,000万円を突破しました。
要因としては、病害や気候の影響により他産地の出荷量が不足気味であったことなど外的要因もありますが、なにより①生産者の選果能力の向上、衛生管理における意識の向上②市場やJA直売所「ハワイ夢マート」の販売努力があげられます。
意見交換会では、①季節のイベントに合わせたパッケージや高級ブランド規格の設定②後継者不足の解消方法などについて活発な意見が交わされました。

ページの先頭へ